SSブログ
c o m m e n t s ブログトップ
前の1件 | -

スニーズ・コメンツ #72 [c o m m e n t s]



  • 坂本は、イデオロギーに縛られるようなひ弱な知性ではもともとなかった。/ 新宿高校時代に東大安田講堂ほか多数のデモに参加し、高校のストライキも主導した。東京芸術大学に入学した1年のときに、三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊で自決した。父亀一が『仮面の告白』の担当編集者だったこともあり、三島文学には親しんでいたようだ。/「全共闘をやりながら、けっこう右翼化してまして、長髪をばっさり切って、長い黒のコートに革の手袋して、見た目右翼でした」/ 事件直後、三島の首が安置してあると思った牛込署に押しかけた。「警備の機動隊に『三島の首に会わせろ』なんてドナったら、機動隊のやつ、てっきり僕のこと右翼だと思って、『すいません、それは出来ません」なんていって最敬礼しやがんの。右翼はいいなぁ、と思ったね、そのとき。だって日頃デモでポカポカ殴られているんだからね。カタチは大事だねぇ」 / 頭でっかちのエリートではない。おもしろい人、微笑の人でもあった。
    近藤 康太郎「音が生まれ、響き、消える」


  • b フォーキーな歌モノだが、ユニークなサウンドプロダクションが魅力的
  • 《Notes With Attachments》(Caroline 2021)はウェールズのベース奏者ピノ・パラデ ィーノ(Pino Palladino)とのインスト・アルバムでしたが、本作〔註:Blake Mills《Jelly Road》(New Deal/Verve Forecast 2023)〕は米ヴァーモントのSSWクリス・ワイズマン(Chris Weisman)との共作・共同プロデュース。クリス・ワイズマンを知らなかったという高橋健太郎は 「ネット検索で彼のBandcampに辿り着いて、あっけに取られた。2019年以降のアルバムが47枚並んでいる」(MM 8月号)と驚いています。ウェンディ・メルヴォイン(Wendy & Lisa)がギター・ソロを弾く〈Skeleton Is Walking〉と彼女に捧げたインスト曲〈Wendy Melvoin〉、大好きなジェスカ・フープ(Jesca Hoop)がヴォーカル参加した〈Without An Ending〉など、全12曲・46分。紙ジャケ仕様、6連綴り歌詞カード付き。
    by sknys (2023-09-04 13: 40)

  • b タビの死
  • 縞柄(tabby)なので、タビちゃんなのでしょうか?‥‥ご冥福をお祈りします。10年以上撮っていた 「ロンちゃん」(推定20歳)も去る7月に虹の橋を渡りました。ノラとしては天寿を全うしたと思いたいのですが、やっぱり空しく悲しいです。
    by sknys (2023-09-19 23:17)

  • b 東京寺社巡り Ⅺ 築地本願寺 ── マレーの虎
  • 築地本願寺って、東南アジアの寺院みたい。それで「怪傑ハリマオ」のロケ地に使われたのか! 全然知りませんでした。「ドンゴロスの松」という名前だけは憶えているんですが。月光仮面や七色仮面が今現われたら、怪しい変態オジさん(不審者)として通報されちゃうかも? 少年ジェットの必殺技 「ウー、ヤー、ター」(ミラクルボイス)を思い出しました。
    by sknys (2023-10-15 00:07:12)

  • b YMO■TECHNODELIC
  • 「TECHNODELIC」 というタイトルはファンカデリック(Funkadelic)を真似たんですよね。陸上女子選手が着用しているセパレート・ビキニみたいな下穿きはブルマーじゃない?
    「日本のサカモト」(ele‐king books 2023)から。フェネス(Christian Fennesz)へのインタヴュー。
    「私は普段は傲慢で、自分より優れている奴などいないと思っているような嫌な奴なんです(笑)。けれど、彼は私よりも優れていました」
    近藤康太郎が坂本龍一と鈴木邦男の対話『愛国者の憂鬱』(金曜日 2014)の中の挿話を引用しています。「全共闘をやりながら、けっこう右翼化してまして、長髪をばっさり切って、長い黒のコートに革の手袋して、見た目右翼でした」「警備の機動隊に『三島の首に会わせろ』なんてドナったら、機動隊のやつ、てっきり僕のこと右翼だと思って、『すいません、それは出来ません」なんていって最敬礼しやがんの。右翼はいいなぁ、と思ったね、そのとき。だって日頃デモでポカポカ殴られているんだからね。カタチは大事だねぇ」
    by sknys (2023-10-28 21:15)

  • b The Beatles - Now And Then music video
  • 拙ブログ〔註:サイドバーと〈FAVORITE VIDEOS 9〉〕にも速攻で貼りました。ポールに宛てたと想われるような歌詞、ジョンの柔和なヴォーカルとジョージの流麗なスライド・ギターは皮肉っぽくて意地悪い〈How Do You Sleep?〉(1971)とは真逆に聴こえます。ピアノはジョンではなく、ポールが弾いているようです。ファブ4の現在と過去の画像を合成することで、殊更深刻ぶることなく、お茶目に演出されているMVも愉しいなぁ。
    by sknys (2023-11-04 12:59:23)

    【訂正】間奏のスライド・ギターもポールが弾いているそうです。「BBCのインタヴュー」 で、ポールは「ジョージのスタイルで、敬意を込めてリッケンバッカーのラップ・スチールを弾いた」と話しています。
    by sknys (2023-11-04 20:48:06)

  • b デジタル時代にLPプレーヤーを手に入れる話
  • 自室のオーディオラックの上に載っているLPプレイヤー(Technics SL-5)とカートリッジ (audio-technica AT-152LP)は休眠状態。アナログ盤は内周へ行くほど音質が劣化するという致命的な欠陥(耳で聴いていても次第に音がモコモコ籠って来る)があるけれど、CD一辺倒になったのは輸入盤ヴァイナルのノイズの多さに辟易してのこと。急激な円安で輸入盤が国内盤よりも、アナログ盤がCDよりも超高値になるという逆転現象が起きています。ファブ4のシングル盤〈Now And Then〉もCDの方が断然安かったり‥‥アナログ派リスナーの出費を想うと、他人事でも同情したくなっちゃう。
    by sknys (2023-11-13 22:21)

  • b 東京寺社巡り14 諸宗山 回向院 ── 猫小僧にゃん吉
  • 〈大 (Oh!) 水木しげる展〉(2004-5)を観に両国・江戸東京博物館へ行きました。今は大規模改修工事で休館中なのね。回向院の 「猫の恩返し」(猫塚)は知りませんでした。「猫に小判」 という諺があるように、ネコが小判を咥えるかしら? 魚を咥えたネコは見たことあるけれど。 ペットフードで育った外ネコたちは小魚を放ると、ビックリして逃げちゃいます。
    by sknys (2023-11-22 22:24:50)

  • b Isabel Adjani 「Adjani,bande originale」
  • イザベル・アジャーニのデュエット・アルバム(LP・CD)は入荷しているのでしょうか? タワレコもディスクユニオンの店頭に見当たりません。アマゾンの「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です」という常套句も意味不明。そもそも入荷したのかどうか疑わしい。
    アジャーニって、来日したことがあるのかしら? ジェーン・Bは東日本大震災の翌月に単身来日して、復興支援チャリティ・ライヴを敢行した真の親日家でしたが。バービー人形に成り切ったアリエル・ドンバール(Arielle Dombasle)さんの方が天然少女ぶりでは二枚上手(70歳!)かもしれません。〔註:後日、新宿でCDを購入しました〕
    by sknys (2023-11-25 14:00)

  • b 優しさを感じさせるボーカルとサウンドが魅力的
  • 先日、某ディスクユニオンで、アルバム(CD)を購入〔註:Sofia Kourtesis《Madres》(Ninja Tune 2023)〕。熱心に物色することのないハウス / テクノ棚にあったので、入手が少し遅れちゃった。重篤な癌に冒された母親の命を延命させたドイツの脳神経外科医ピーター・ヴァイコツィに敬意を表した〈Vajkoczy〉。敬愛するManu Chaoに手紙を書いたことからコラボが実現したという〈Estación Esperanza〉はペルーの反同性愛者嫌悪への抗議デモ(a Peruvian anti-homophobia protest)のシュプレヒコールに合わせて、「今何時ですか、私の心は?」(¿Qué horas Son, mi corazón?)と繰り返す。全10曲・49分。見開き紙ジャケ仕様。Róisín Murphy、Yeule、Nabihah Iqbalなど、2023年は 「ニンジ ャ・チューン」 の当たり年なのかも?
    by sknys (2023-11-28 21:01)

  • b AMBIENT KYOTO■坂本龍一+高谷史郎
  • 『愛国者の憂鬱』(金曜日 2014)を面白く読みました。「三島由紀夫と高橋和巳 すべて二人に学んだ」 という鈴木邦男と父親(一亀)が三島由紀夫と高橋和巳の担当だったという坂本龍一の10時間に渡る対話集。「鈴木さんと僕は似ている」 そうです。不可解なことに、教授が右翼に間違えられた挿話は載っていません。朝日新聞記者は一体どこから引いたのか?
    by sknys (2023-11-30 22:10)

                        *

    ブログ記事に付けた「外コメント」を纏めてみたら結構面白いかも?‥‥というアイディアから生まれた再録シリーズの第72集です。コメントは原則としてオリジナルのまま時系列順に転載。事実誤認(誤記)や誤字・脱字、改行の無効化、句読点や記号・顔文字の有無などを精査。内容の分かり難いコメントには補足説明(註)をして、コメントした元記事にリンクしました。過去3ヵ月間(2023・9・1~2023・11・30)に書いたものの中から、第三者がコメントだけ読んでも面白いものを中心にセレクトしています。長く暑苦しい夏が終わったて秋が来たのも束の間、肌寒い冬に急転直下。地球温暖化の悪影響なのか、日本列島から風雅な四季が消えてしまった。コロナは終息したようでも、国内は円安と物価高、ウクライナ戦争は終わらず、中東で新たな戦闘が勃発して、悲惨な大量虐殺に直面しても世界は打つ手がない。目下の愉しみは百鬼夜行シリーズ17年ぶりの新作長編『鵼の碑』(講談社 2023)と27年ぶりにリリースされたファブ4の新曲〈Now And Then〉(Apple 2023)くらいか?

                        *

    Notes With Attachments 

    Notes With Attachments 

    • Artist: Pino Palladino & Blake Mills
    • Label: Caroline International
    • Date: 2021/03/12
    • Media: Audio CD
    • Songs: Just Wrong / Soundwalk / Ekuté5 / Notes With Attachments / Djurkel / Chris Dave / Man From Molise / Off The Cuff

    Jelly Road

    Jelly Road

    • Artist: Blake Mills
    • Label: Verve Forecast
    • Date: 2023/07/14
    • Media: Audio CD
    • Songs: Suchlike Horses / Highway Bright / Jelly Road / Skeleton Is Walking / Unsingable / Wendy Melvoin / The Light Is Long / Breakthrough Moon / There Is No Now / Press My Luck / A Fez / Without An Ending


    別冊ele-king 坂本龍一追悼号「日本のサカモト」

    別冊ele-king 坂本龍一追悼号「日本のサカモト」

    • 著者:國分功一郎 / 岩井俊二 / 北中正和 / 岩井俊二 / 近藤康太郎 / 湯山玲子 / 水越真紀
    • INTERVIEW:デイヴィッド・シルヴィアン / アルヴァ・ノト / フェネス / テイラー・デ...
    • 出版社:Pヴァイン
    • 発売日: 2023/07/13
    • メディア:ムック(ele-king books)
    • 目次:INTRODUCTION / INTERVIEW / ESSAY /「日本のサカモト」/「世界のサカモト」/ DISCOGRAPHY / 千のサウンド


    愛国者の憂鬱

    愛国者の憂鬱

    • 著者: 坂本 龍一 / 鈴木 邦男
    • 出版社:金曜日
    • 発売日:2014/01/29
    • メディア:単行本(ソフトカヴァ)
    • 目次:はじめに / 脱原発、「日の丸・君が代」、そして憲法 / 坂本龍一と鈴木邦男の源流 / 音楽とは何か / 個のない日本の行き着く先は / 「地球意識」 に向けて / おわりに

    Technodelic

    Technodelic

    • Artist: Y.M.O.(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)
    • Label: MUSIC ON CD
    • Date: 2015/06/05
    • Media: Audio CD
    • Songs: Pure Jam / Neue Tanz / Stairs / Seoul Music / Light In Darkness / Taiso / Gradated Grey / Key / Prologue / Epilogue

    Now And Then(Official Music Video)

    Now And Then(Official Music Video)

    • Artist: The Beatles
    • Video Director: Peter Jackson
    • Provider: VEVO
    • Date: 2023/11/03
    • Media: YouTube


    Adjani,Bande Originale

    Adjani,Bande Originale

    • Artist: Isabelle Adjani
    • Label: Parlophone
    • Date: 2023/11/10
    • Media: Audio CD
    • Songs: Prelude / Samourai / Shamisen / C'est lui / D'accord / Il ne manque plus que tu me manques / Les courants d'air / Homme et femme / Hara-Kiri / Ou tu ne m'attendais pas / Japan Airlies / Pour ce que je sais de toi / Il manque un mot / Seule


    Madres

    Madres

    • Artist: Sofia Kourtesis
    • Label: Ninja Tune
    • Date: 2023/11/10
    • Media: Audio CD
    • Songs: Madres / Si Te Portas Bonito / Vajkoczy / How Music Makes You Feel Better / Habla Con Ella / Funkhaus / Moving Houses / Estación Esperanza / Cecilia / El Carme

    コメント(0) 
    前の1件 | - c o m m e n t s ブログトップ