SSブログ

帰って来たクリアランス 2 0 2 0 [m u s i c]



  • ◎ Primeiro Ceu(Fina Flor 2015)Bianca Gismonti Trio
  • 《Sonhos De Nascimento》(Bscoito Fino 2013)でソロ・デビューしたビアンカ・ジスモンチ(Bianca Gismonti)のトリオ名義アルバム。Bianca Gismonti(ピアノ)、Julio Falavign (ドラムス、パーカッション)、Antonio Porto(ベース)によるインスト・ジャズだが、ネルソン・マンデラに捧げた〈Danca, Mandela〉やミナスの女性SSW、Glaucia Nasserに贈った5/6拍子の〈Glaucia Do Samba〉など4曲をビアンカが歌い、〈A Luz Sem O Veu〉はヴェテランMBP女性シンガーのJane Duboc(《Languidez》(1980)は「猫ジャケ」だった)、〈Lenda De Francisco〉はミナスの女性歌手Paula Santoroをゲスト・ヴォーカルに迎えている。ピアノの弾き語りでカヴァした〈おいしい水〉(Agua De Beber)を含む全11曲・70分。デジパック仕様、歌詞ブックレット(16頁)付き。2ndアルバム《Desvelando Mares》(Hunnia 2018)、Claudia Castelo Brancoとのデュオ・プロジェクト、Gisbrancoの3rd《Passaros》(Mills 2018)もリリースされている。

  • ◎ Front Row Seat To Earth(Mexican Summer 2016)Weyes Blood
  • 《Titanic Rising》(Sub Pop 2019)が年間ベスト・アルバムの上位に選出された米カリフォルニア・サンタモニカ生まれのSSW、Natalie Meringの3thアルバム。ワイズ・ブラッドというSテージ・ネームはフラナリー・オコナー(Flannery O'Connor)の小説 「Wise Blood」(1952)から採られている。彼女とChris Cohen(Deerhoof)の共同プロデュースで、ターコイズブルーのサテンスーツを着て浮島に横たわるアルバム・カヴァは米カリフォルニア・インペリアル・バレーにあるソルトン湖で撮られた。70年代風フォークの衣裳を纏っているが、「ディストピア(the dystopian)は今現在の姿である」。「カレン・カーペンターの失われた曲を(レイ・マンザレクの伴奏で)歌うエンヤ」と評された〈Do You Need My Love?〉、「YOLO」(You Only Live Once)と歌う〈Generation Why〉、Meg Duffy(Hand Habits)がスライド・ギターを弾く〈Seven Words〉、映画の音声をサンプリングした黙示録的な〈Front Row Seat〉など‥‥全9曲・45分。見開き紙ジャケ仕様、4つ折り歌詞・ポスター付き。

  • ◎ Kelly Lee Owens(Smalltown Supersound / Calentito 2017)Kelly Lee Owens
  • ウェールズ生まれのケリー・リー・オーウェンス(Kelly Lee Owens)は野原の天辺で詩を書いたり、窓辺で月を見つめて天文学や占星術に夢中になったりする情緒不安定(emo)な少女だった。19歳の時に英マンチェスターへ移住して、癌治療病院で補助看護師として働いていたが、看護師になるための実習中に末期の患者から、自由の身になって、自分の夢を追い求めるように促されたという。癒しと音楽の関係、共鳴周波数(resonant frequencies)を研究しているのは看護師としての体験からだろう。タブラが柔らかに鳴り響くサウンドを清純無垢な少女ヴォイスが浮游する〈S.O〉、Arthur Russellへのオマージュ〈Arthur〉、Jenny Hvalとコラボした〈Anxi〉など‥‥ドリーム・ポップとアンビエント・テクノが融合した白昼夢のような全10曲・46分。デビュー・アルバムのエクステンデッド・エディション(国内盤)は新曲〈Spaces〉、Aaliyahの〈More Than A Woman〉のカヴァ&リミックスなど5曲を収録したボーナスCD付きの2枚組仕様。

  • ◎ Soyo(Six Degrees 2015)Dom La Nena
  • ドミニケ・ピント(Dominique Pinto)はブラジル最南端のポルト・アレグレ生まれの女性チェロ奏者。父親が博士号を取得するため、一家でパリへ移住。5年後ブラジルに戻った彼女は「チェロの女神」クリスティーヌ・ワレフスカ(Christine Walevska)に師事して、ブエノスアイレスで数年間修練した。18歳でパリに戻ったDomはジェーン・バーキンのツアーにチェロ奏者として参加する。ピアース・ファッチーニ(Piers Faccini)がプロデュースした《Ela》(2015)でデビュー。2ndアルバムはマルセロ・カメロ(Marcelo Camelo)との共同プロデュース。Dom(ヴォーカル、チェロ、ピアノ、グロッケンシュピール、ウクレレ、ギター、パーカッション)とMarcelo(ヴォーカル、ギター、ドラムス、パーカッション、ベース、クラロン)の2人で録音された。ドム・ラ・ネナ(Dom La Nena)という名前はドミニケ(Dominique)と「少女」という意味のラ・ニーナ(la nena)に由来する。全11曲・39分。デジパック仕様、4つ折り歌詞カード・対訳・日本語解説(石川真男)付き。

  • ◎ Carla Morrison(Chido 2011)Carla Morrison
  • カーラ・モリソン(Carla Morrison)はメキシコ・バハ・カリフォルニア(テカテ)生まれの女性SSW。17歳の時、大学進学するために米アリゾナ・フェニックスへ移住してバンド活動をしていたが、メキシコに戻ってソロとしてのキャリアを築く。アメリカ市場を意識した英語ではなく、スペイン語で歌うことにしたという。セルフ・タイトルの国内デビュー・アルバムは2ndEP《Mientras Tu Dormias》(2010)の全8曲に、1stEP《Aprendiendo A Aprender》(2009)から3曲、未発表曲〈Hoy Yo Quiero〉を加えた編集盤。バンド・サウンドの〈Compartir〉、ウクレレ・ソングの〈Este Momento〉、2ndEPをプロデュースしたNatalia Lafourcadeとデュエットした〈Pajarito del Amor〉、幼いビョークを想わせる〈Lagrimas〉、多重録音ヴォーカルの〈Sintonias〉‥‥少女っぽいヴォイスはナタリアちゃんの可愛い妹という感じでしょうか。全12曲・42分。デジパック仕様、歌詞・対訳・解説(栗本斉)ブックレット(10頁)付き。

  • ◎ Camaleao Borboleta(Mais Um Discos 2016)Graveola
  • グラヴェオラ(Graveola E O Lixo Polifônico)はブラジル・ミナス、ベロ・オリゾンチで結成されたトロピカリア系ミクスチャー・バンド。5thアルバム《カモフラージュの蝶》はChico Nevesのプロデュース。Jose Luis Braga(ギター、カヴァキーニョ)、LG Lopes (ギター)、Bruno De Olibeira(ベース)、Luiza Brina(ギター、コンガ)、Gabriel Bruce(ドラムス)、Togor Rajao(キーボード)という編成で、LG Lopes、Jose Luis Braga、Luiza Brinaの3人が自作曲を歌う。JoseとLuizaがデュエットした〈Aurora〉、Samuel Rosa(Skank)がゲスト・ヴォーカル参加した〈Talisma〉、目紛しく曲調が変化して行くJoseの〈Sem Sentido〉、ポリリズミックなLuizaの〈Costi〉、ギターとサンプラーによるLG Lopesの〈Carta Convite〉など‥‥全10曲・39分。中心メンバーのLuiz Gabriel LopesとLuiza Brinaの2人はソロ・アルバムもリリースしている。見開き紙ジャケ仕様、歌詞ブックレット(12頁)、日本語解説(田中昌)付き。

  • ◎ Snares Like A Haircut(Drag City 2018)No Age
  • No Ageは米カリフォルニア・ロスで結成されたノイズ・ロック・デュオ。Randy Randall (ギター)、 Dean Allen Spun(ドラムス、ヴォーカル)の2人だけでノイズを撒き散らす。「ドリーム・パンク」(Dreampunk)という名称は相矛盾するような気もするが、パンク版ドリーム・ポップと考えると腑に落ちる。音空間を覆うサウンドはシューゲイズっぽいし、曲自体がメロディックなので、ノイズ・パンクなのに聴きやすい。アルバム・タイトル曲〈Snares Like A Haircut〉と〈Third Grade Rave〉のインスト2曲が一本調子になりがちなアルバムのアクセントになっている。ベス・リシック(Beth Lisick)が主演した〈Send Me〉のPVは絆創膏(sticking plasters)の上のチーズとナイフのようにシュールである。全12曲・39分。透明ジュエルケース仕様、3つ折り歌詞カード入り(バック・インレイはない)。アルバム・カヴァの左下に価格「$15 / £13 / ¥1687」が表示されている。

                        *

    「タワレコ・クリアランス」(渋谷店5Fイヴェントスペース)が2年振りに復活した。新年恒例のセールだったが、帰って来たクリアランスは年末・年始の4日間(12/29~1/2、元日は休業)。従来の均一(¥290)セールではなく、「全品80%OFF」。定価によって割引価格は異なるし、会計の際には消費税(10%)も加算される。合計金額の見積りが難しいけれど、平均すると1枚500円前後だろうか。2年前(2017)の規模を縮小したクリアランス(70%OFF)が超ショボかったので、過度の期待はしていなかった。セール品数も割引率も中規模セールという感じだったが、意外にも収穫は少なくなかった。Bianca Gismonti Trio《Primeiro Ceu》(Fina Flor 2015) の国内流通盤や《Kelly Lee Owens》(Smalltown Supersound 2017)のエクステンデッド・エディション(国内盤 2CD)など、買い逃していた数年前の旧譜を数枚入手出来たのだから。

                        *
    • 左上のBianca Gismonti Trioから、Graveola、Weyes Blood、Carla Morrison。左下から、Kelly Lee Owens、Dom La Nena、No Age‥‥7枚で3819円です^^

    • 1日1枚聴いて、1週間で書きました。1枚ボツにしたので、実質8日間ですが‥‥

    • 「Kelly Lee Owens’ Techno Daydreams」(Pitchfork 2017)を参照しました
                        *


    TOWER RECORDS CLEARANCE SALE

    TOWER RECORDS CLEARANCE SALE

    • 開催場所:タワーレコード渋谷店(5Fイベントスペース)
    • 開催期間:2019/12/29~2020/01/02(元旦を除く)
    • 対象商品:CD / DVD / Blu-ray
    • セール内容:全品80%オフ


    Primeiro Ceu

    Primeiro Ceu

    • Artist: Bianca Gismonti Trio
    • Label: Fina Flor / Sambinha Import
    • Date: 2016/05/29
    • Media: Audio CD
    • Songs: Olhos Fechados / Para Inês Acordar Sorrindo / Cristal / Dança, Mandela / A Luz Sem o Véu / O Primeiro Céu de Marina / Folia / Gláucia do Samba / Lenda de Francisco / Rio dos Sinos / Água de Beber


    Front Row Seat To Earth

    Front Row Seat To Earth

    • Artist: Weyes Blood
    • Label: Mexican Summer
    • Date: 2019/12/04
    • Media: Audio CD
    • Songs: Diary / Used To Be / Be Free / Do You Need My Love / Generation Why / Can't Go Home / Seven Words / Away Above / Front Row Seat

    Angels Of Death

    Angels Of Death

    • Artist: Jennifer Castle
    • Label: Paradise Of Bachelors
    • Date: 2018/05/18
    • Media: Audio CD
    • Songs: Tomorrow's Mourning / Crying Shame / Texas / Angels of Death / We Always Change Reprise, Pt. 1 / Rose Waterfalls / Grim Reaper / Stars of Milk / Tonight the Evening / We Always Change Reprise, Pt. 2

    Kelly Lee Owens(Extended Edition)

    Kelly Lee Owens(Extended Edition)

    • Artist: Kelly Lee Owens
    • Label: Smalltown Supersound / Calentito
    • Date: 2017/12/20
    • Media: Audio CD(2CD)
    • Songs: S.O / Arthur / Anxi. / Lucid / Evolution / Bird / Throwing Lines / C.B.M / Keep Walking / 8 // Spaces / Pull / 1 OF 3 / More Than A Woman (Cover) / More Than A Woman (Kelly Lee Owens Remix)


    Soyo

    Soyo

    • Artist: Dom La Nena
    • Label: Six Degrees
    • Date: 2015/03/20
    • Media: Audio CD
    • Songs: La Nena Soy Yo / Vivo Na Maré / Menino / Juste Une Chanson / Golondrina / Lisboa / Llegaré / Volto Já / Era Una Vez / Carnaval / El Silencio


    Camaleao Borboleta

    Camaleao Borboleta

    • Artist: Graveola
    • Label: Mais Um Discos / Rice
    • Date: 2016/08/21
    • Media: Audio CD
    • Songs: Maquinário / Índio Maracanã / Aurora / Tempero Segredo / Talismã / Sem Sentido / Costi / Lembrete / Back In Bahia / Carta Convite


    Carla Morrison

    Carla Morrison

    • Artist: Carla Morrison
    • Label: Chido Project
    • Date: 2011/12/21
    • Media: Audio CD
    • Songs: Como Es / Compartir / Este Momento / Una Salida / Suciedad / Tu Luz / Pajarito del Amor (Dueto con Natalia Lafourcade) / Yo Sigo Aquí / Lágrimas / Sintonías / Valentina / Hoy Yo Quiero


    Snares Like A Haircut

    Snares Like A Haircut

    • Artist: No Age
    • Label: Drag City
    • Date: 2018/01/26
    • Media: Audio CD
    • Songs: Cruise Control / Stuck In The Changer / Drippy / Send Me / Snares Like A Haircut / Tidal / Soft Collar Fad / Popper / Secret Swamp / Third Grade Rave / Squashed / Primitive Plus

    コメント(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。