SSブログ

ネコ・ログ #56 [c a t a l o g]

  
496497498
499500501
502503504


  • ネコはあらゆる角度からヒトを見ています。足元はもちろん、冷蔵庫の上、タンスの上、塀の上‥‥まるで自らの運動能力と自由さを誇示しているようです。今朝も我が家のネコたち(映画「ねことじいちゃん」に出演した子とその兄弟)は、赤いレンジフード(換気扇)の上から、こちらを見下ろします。下から見上げるネコってどうしてこんなに可愛いのっと、朝からニヤけています。ネコとの出会いを求めて世界中を歩いていると、高いところから向けられる視線をよく感じます。見まわすと塀や屋根の上にこちらをじっと見つめるネコがいます。喜ぶ前に、ネコは初見で相手を判断することが多いので要注意。よく思われたいと気負って緊張すると見破られてしまいます。肩の力を抜いて穏やかに「やぁ、いい子だねぇ」と声をかけてみます。それでも視線を外すことなく直視してくるネコは手強いです。そういう時は1、2メートル下がって、敵対していないことを示します。同時に視線も外し、身の安全を保障しますよ、と態度で表します。ネコは安心し緊張がゆるんで、日常の行動を始めたら、友達になれるチャンスです。
    岩合 光昭 『見上げてごらん、朝のネコを』


  • #496│スワン│飼い猫 ── 葉色の目です
    「猫の目のように変わる」という慣用句はネコの黒い瞳孔が明暗によって細くなったり丸くなったりすることに由来する。「女の心は猫の眼」という諺もある。「猫の目」は「物事が目紛しく変化しやすいことの喩え」として使われるが、黒い瞳の色が変わるわけではない。ところがネコの目(ヒトの白眼部分)は金、碧、緑、橙、黄色‥‥など千差万別。エメラルドやサファイアなど、美しい宝石のようにキラキラと煌めく。白、黒、茶、灰色の毛並みよりも多彩で変化に富む。しかも周囲の明るさや反射によって微妙に変わるのだ。葉叢の影に身を横たえている白黒斑ネコのスワンちゃんの目も葉色によって緑っぽく映っている。ネコの目が空や建物、撮影者などの姿を硝子のように映す。目の色も周囲の色彩に染まる。遊歩道脇の植込みの中で撮った「カルちゃん」の左半身‥‥金色の目も、真っ白い毛並みも緑色に染まっていた。

    #497│オイ│ノラ猫 ── ベンチの下で雨宿り
    「小さな電車で おさんぽ日和」‥‥都電荒川線・荒川車庫前の「都電おもいで広場」(土・日・祝日、午前10時~午後4時)に、旧型車両5500形(5501号車)と旧7500形(7504号車)が展示されている。休日には写真を撮っている鉄道ファン(撮り鉄)や親子連れも少なくない。自由に乗車・下車出来るので、古き良き昭和の面影を偲べる。三ノ輪方面へ足を伸ばすと、荒川遊園地前の荒川遊園公園に茶白ネコがいた。他にも数匹のネコたちが公園内に棲息しているようだ。人馴れしているのか、警戒心は殆どない。近寄っても逃げ出したりはしない。生憎の雨模様で小雨が降って来た。ベンチの下で雨宿りしているオイちゃんを撮った。細長い公園を北上すると、「あらかわ遊園」(現在は休園中。2021年の夏にリニューアル・オープン予定)に行き着く。遊園地の向こう側を隅田川が流れている。

    #498│ドミノ│飼い猫 ── 可愛い仕草
    民家の玄関前にいることの多い茶トラ。唐草模様のリボンと金色の鈴と小判のチャームが付いた「猫に小判唐草模様」、可愛い縁飾りのあるエプロン風の首輪‥‥定期的に首輪が新調されているのは飼主に可愛がられている証しでもある。オレンジ色の新しい首輪も明るい茶色の毛並みに似合っている。ドミノちゃんは人懐っこく、自ら近寄って来ては足許でスリスリする。両前脚を内に曲げた「うらめしや」のポーズも超可愛い。近くにはT区図書館が併設されている「I袋さくら公園」がある。公園内には数多くのノラネコたちが棲息していたけれど、数年前に一掃されてしまい今や見る影もない。ネコが1匹もいない殺風景な公園になってしまった。テリトリの外なのか、ドミノちゃんも公園までは足を運ばないようだ。クルマが往来する車道なので、交通事故だけが気懸かりである。

    #499│ゴト│飼い猫 ── お手するニャンコ
    バットマンみたいなネコに遭遇した。三毛なのでキャットウーマンというべきかもしれないが、バットマンの黒マスクの方に似ている。バットガールと呼ぶべきだろうか。岩合さんも助言しているように、初対面のネコとの出会いは最初が肝腎。これ幸いと気負ってカメラを構えると、ネコに緊張しているのを悟られてしまう。肩の力を抜いて、身も心も低姿勢で接しないと逃げられてしまう。敵か、味方か、危害を加えようとする要注意人物なのか、ネコ好きの人畜無害者なのかを判断している隙に写真を撮った。ゴトちゃんは女飼主にだけには「お手」をすると隣家の住人が教えてくれる。近所の飼いネコに「お手」を仕込もうとして前脚を手で掴むと、肉球が擽ったいのか直ぐに引っ込めてしまう。諦めて立ち去ろうとすると、自らクルっとデングリ返って、お腹を見せて甘えるだけである。先日帰り際に右手を伸ばすと、長毛種のロンちゃんは「握手」してくれたけれど。

    #500│バン│地域猫 ── 夕食を待つ茶トラ
    ネコは一体何を考えて生きているのだろうか。ヒトならば学業や仕事、人間関係や体調・健康面での悩みごと、趣味や遊びなどの愉しみに思いを巡らす。独身者ならば友人や恋人のこと、専業主婦ならば子供や夫のこと、あるいは今夜の夕食のメニューを思案しているかもしれない。ネコの本能ならば食事と性愛だろうか。種族繁栄の営みは兎も角、ネズミや小鳥など、生きるために野性の獲物を捕えない都会のネコたちは飼いネコやノラネコに関わらず、ヒトから提供される食料が命綱である。飼主は愛猫に毎日食事を与え、ネコ・ヴォランティアの人たちがノラたちに食料を運ぶ。バンちゃんは淡いエメラルド色の目が麗しい茶トラ。獲物を狙うハンターのような鋭い眼差しだが、実は夕食を運んで来るネコおばさんを待っている。記念すべき500番(バン)目のネコである。

    #501│アス│ノラ猫 ── レッツ・イート・グランマ!
    「Let's eat, grandma!」は英文法でカンマ(,)の重要性を教える例文。「さあ食べよう、お婆ちゃん!」という呼びかけ文だが、カンマがないと「grandma」が「eat」の目的語になってしまう。「お婆ちゃんを食べよう!」という「赤ずきん」のオオカミみたいな食人鬼のブラックジョークに豹変するのだ。この悪しき例文をバンド名にしたのが英イーストアングリア・ノリッジ出身の十代の女子デュオ(Rosa WaltonとJenny Hollingworth)。2ndアルバム《I’m All Ears》(Transgressive 2018)の収録曲〈Hot Pink〉は《 「ホット・ピンクは私のものなの?」 と悲鳴を上げて、ドラッグストアの口紅とバービー・コンヴァーチブルの色合いを戦闘の叫びに反転させる》。「バービー・コンヴァーチブル」はバービー人形が運転するピンク色のオープンカーのことである。長毛種ロンちゃんのグランマは甲高い声で鳴いたりはしないけれど、バンちゃんと同じように住人が持って来る夕食を心待ちにしているのだ。

    #502│コト│飼い猫 ── ニャンコ帝国
    子ネコを撮るのは難しい。小さくてピントを合わせ難い。瞳の輪郭も暈けている。外界のあらゆるものに興味があるのか、子ネコは好奇心で溢れている。動作も敏捷で、自由気儘に動き回る。岩合光昭写真集『こねこ』(クレヴィス 2019)を見ても、瞳にピントの合っている子ネコの写真は意外に少ない。母ネコと一緒に寛いでいる写真や子ネコ同士で遊んでいるショットが多い。同じ子ネコの写真集をでも、レイチェル・ヘイルがスタジオで撮った『S M I T T E N』(グラフィック社 2006)とは天と地ほどの差がある。子ネコたちが仲睦まじく戯れ合っている姿は見飽きない。生後数カ月の子ネコにして既に自立している。母ネコの姿が見当たらないので、どこからか貰われて来たのかもしれない。もしヒトの幼児が母親から切り離されて野外に放り出されたら、自力では到底生きて行けないだろう。

    #503│トコ│飼い猫 ── くだんのこねこ
    良く似た兄弟姉妹ネコだが、コトは鼻筋が白く、トコは茶色い。軒先で撮ったコトはオレンジ色の洗濯カゴ、駐輪場で撮ったトコは車輪の大きさが子ネコの小ささを際立たせている。面白いことに子ネコが無邪気に戯れつくと、親ではない成ネコの方がビックリして逃げてしまう。1年前は自分が子ネコだったのに、もしかしたら子ネコ時代の記憶がないのかもしれない。2匹が仲睦まじく外で遊んでいたのは僅か1カ月程の期間だった。ジャクソン・ブラウンも歌っていたように 「マジック・フィーリングは決して長く続かない」(magic feeling never seems to last.)。ある日突然2匹の子ネコの姿が見られなくなってしまったのだ。不審に思っていたら、近所に住む女性に貰われて行ったという。「魔法の感覚」で何とか撮れた子ネコの写真‥‥ピントが甘いけれど、今となっては貴重な2枚である。

    #504│チョコ│地域猫 ── 中庭へ柵をこえて
    初めて通る道である。民家の建ち並ぶ道端に数匹のネコたちがいた。こんな近場にネコの穴場があったとは!‥‥警戒心の少ないキジトラの後を尾いて行く。ある民家の前で撮っていたら、何を思ったのか鉄柵の門を潜り抜けて敷地内に入ってしまった。仕方なく門の外でカメラを構えていると、「どうぞ中へお入り下さい」と女主人に言われた。数年前、ある民家の横でノラネコを撮っていたら、住人らしき女性に「撮らないで下さい」と注意されたことがあった。飼いネコの写真を撮るなと言うのなら分からなくもないけれど、たまたまノラネコを撮っていただけ。どうやら家屋を撮るなという意味らしい。防犯・監視カメラで通行人を無差別に録画しているのに、自宅を写真に撮られるのは断乎拒否。Googleマップの航空写真やストリートヴューで知らない間に盗撮されているのにね。「どうぞ中へお入り下さい」と言われては撮らないわけには行かない。民家の白い外壁の前にいるキジトラを撮った。

                        *

    各記事のトップを飾ってくれたネコちゃん(9匹)のプロフィールを紹介する「ネコ・カタログ」の第56集です。サムネイルをクリックすると掲載したネコ写真に、右下のナンバー表の数字をクリックすると該当紹介文にジャンプ、ネコ・タイトルをクリックするとトップに戻ります。500匹以上のネコちゃんを紹介して来ましたが、こんなにも多くのネコたちが棲息していることに驚かされます。第56集の常連ネコは茶トラのドミノとバンちゃん。人懐っこくて可愛いネコたちです。『見上げてごらん、朝のネコを』 (朝日新聞出版 2019) は「週刊朝日」に連載された「今週の猫 Iwago Cat Weekly」の中から、「掲載号の発売日と同じ日付に撮影された写真」を月別(4月〜3月)に編集した写真集。岩合さんは「あとがき」で、初対面のネコとの接し方を伝授しています。「ネコは初見で相手を判断することが多いので要注意。よく思われたいと気負って緊張すると見破られてしまいます」‥‥オイとゴトの2匹は運良く初見で撮れましたが、全くその通り。ネコ写真を撮る時の貴重なアドヴァイスだと思います。

                        *
    • 記事タイトルの右に一覧リストのリンク・ボタン(黒猫アイコン)を付けました^^

    • オリジナル写真の縦横比は2:3ですが、サムネイルは3:4にトリミングしました

    • 「猫の目」 は 「猫のことわざ・故事成語」、「Let’s eat Grandma!」 は 「英語の文法解説」 を参照しました
                        *


    見上げてごらん、朝のネコを

    見上げてごらん、朝のネコを

    • 著者:岩合 光昭
    • 出版社:朝日新聞出版
    • 発売日:2019/04/19
    • メディア:単行本
    • 目次:京都府 ストライキ猫 / トルコ 女子猫生 / モルドバ 運命猫 / 台湾 山猫軒 / ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 猫の面に煙 / 青森県 お別れの猫いさつ / ギリシャ オリーブの猫飾り / イタリア 屋根からこん猫ちは / ギリシャ 交通猫 / ブラジル ライバル猫 / イタリア 猫ポレオン / 山口県 散歩猫かま / イタリア イタリアおん猫 / ベルギー 日だま...


    こねこ

    こねこ

    • 著者:岩合 光昭
    • 出版社:クレヴィス
    • 発売日:2019/07/27
    • メディア:単行本(ソフトカヴァ)
    • 目次:日本 / アジア / ヨーロッパ / ラテンアメリカ / アフリカ

    吾輩はねこである 名前はベーコン

    吾輩はねこである 名前はベーコン

    • 著者:岩合 光昭
    • 出版社:クレヴィス
    • 発売日: 2019/10/17
    • メディア:単行本(IWAGO’S BOOK 6)
    • 目次:ベーコン、タマになる / ベーコン、花に迷う / ベーコン、ともだちに会う / ベーコン、探検に夢中 / ベーコン、旅に出る

    I, GEMINI

    I, GEMINI

    • Artist: Let's Eat Grandma
    • Label: Transgressive
    • Date: 2016/06/17
    • Media: Audio CD
    • Songs: Deep Six Textbook / Eat Shiitake Mushrooms / Sax In The City / Chocolate Sludge Cake / Chimpazees In Canopies / Rapunzel / Sleep Song / Welcome To The Treehouse, Pt. I / Welcome To The Treehouse, Pt. II / Uke 6 Textbook


    I'm All Ears

    I'm All Ears

    • Artist: Let's Eat Grandma
    • Label: Transgressive
    • Date: 2018/06/29
    • Media: Audio CD
    • Songs: Whitewater / Hot Pink / It's Not Just Me / Falling Into Me / Snakes & Ladders / Missed Call (1) / I Will Be Waiting / The Cat's Pyjamas / Cool & Collected / Ava / Donnie Darko

    タグ:iwago cats catalog
    コメント(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。