So-net無料ブログ作成

気分はヘヴンリー [m u s i c]



  • ◎ Je Suis Une Ile(Heavenly 2018)Halo Maud
  • アロー・モード(Halo MaudことMaud Nadal)はフランス・オーヴェルニュ出身の女性SSW。デビュー・アルバムはGwenno、Melody's Echo Chamber、Jane Weaverなどに通じる最新流行のサイケデリック・ドリーム・ポップだが、「Francoise HardyからBjorkへ一っ飛びする弾力性のあるヴォーカル」に惹かれる。共同プロデューサのRobin Leduc、 Pablo Padovani(Moodoïd)やBenjamin Gilbert (Aquaserge)が彼女を好サポート。英・仏語混じりで歌うBjorkっぽい〈Tu Sais Comme Je Suis〉、Tom Verlaineの孫娘みたいな間奏の鋸ギターに瞬殺される〈Du Pouvoir/Power〉《Du Pouvoir EP》には仏語ヴァージョンが収録されている)、ピーガブみたいなプログレ風味の〈Baptism〉、〈Du Pouvoir〉をサンプリングしたアルバム・タイトル曲〈Je Suis Une Ile〉、Stereolabを想わせる浮游感溢れる〈Proche Proche Proche〉‥‥全12曲・44分。見開き紙ジャケ仕様、4つ折りの英・仏歌詞カード入り。

  • ◎ Le Kov(Heavenly 2018)Gwenno
  • 英ウェールズ・カーディフ生まれのグウェノー・ソーンダーズ(Gwenno Saunders)は既製のガールズ・グループ、ザ・ピペッツ(The Pipettes)から心機一転して、ウェールズ語のソロ・デビュー・アルバム《Y Dydd Olaf》(Post/Pop 2015)をリリースした。ラストに収録されていた〈Amser〉だけはコーンウォール語詩人の父親ティム・ソーンダーズの詩を使っていた。それが伏線だったのか、2ndアルバムは全編コーンウォール語で歌っている。プロデュースした夫のRhys Edwardsと10曲中6曲で共作。アルバム・タイトル「Le Kov」は「記憶の場所」(The Place of Memory)という意味。未知の言葉が優柔なメロディに乗って浮游する。エレクトロ・サイケ・ポップとの相性も良い。〈Daromres Y'n Howl〉にはGruff Rhys(Super Furry Animals)がヴォーカルでゲスト参加。見開き3面デジパック仕様のインナーに、歌詞がコーンウォール語と英語で併記されている。コーニッシュの家庭で育った彼女が失われようとしている「消滅危機言語」で歌うのは意義深いことだと思う。

  • ◎ Home Counties(Heavenly 2017)Saint Etienne
  • セイント・エティエンヌ(Saint Etienne)は英ロンドン南部のクロイドンで1990年に結成されたインディ・ポップ・バンド。風変わりなバンド名はフランスのサッカー・クラブ「ASサンテティエンヌ」(AS Saint-Étienne)に由来する。Sarah Cracknell(ヴォーカル)、Bob Stanley、Pete Wiggs(キーボード)の男女混成トリオは60年代のソウルや70年代のダブとロック、80年代のダンス・ミュージックを融合させた。9thアルバムは全19曲・56分の大作(アナログ盤は2枚組だが、CDは1枚に丸く収まる)。イングランド南部、ロンドンを取り囲む州、エセックス、バッキンガムシャー、ミドルセックス、ケント、サリーなど一帯を指す「Home Counties」をコンセプトにしている。6連綴りのカードに「ホーム・カウンティーで最近起こった犯罪」のリストを掲載。アナログ、CD、カセットで「カヴァ・デザイン」が異なる。丸いステッカー数枚がジャケットに貼られているように見えるけれど、デザインの一部として印刷されているので剥がせない。

  • ◎ Fading Lines(Heavenly 2016)Amber Arcades
  • アンバー・アーケイド(Amber Arcades、本名はAnnelotte de Graaf)はオランダ・ユトレヒト生まれの女性SSW。修士号(法学)を取得し、国連戦争犯罪裁判所(旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷)で助手として働いていた異色の経歴の持つ。NYCブルクリンでレコーディングされたデビュー・アルバムはAmber Arcadesのヴォーカル、Shane Butlerのギターとバック・ヴォーカル(Quilt)、Keven Lareau(Quilt)のベース、Jackson Pollis(Real Estate)のドラムスという4人編成。青春熱血ネオアコ系の溌剌としたサウンドではなく、くぐもった薄曇りのドリーム・ポップ。浮游感のある柔らかなヴォーカルが気怠い午後の午睡へ誘う。シューゲイズ風の〈Fading Lines〉(PVはスカイダイヴィングを逆再生している)、Keven Lareauと共作したシンセ・ポップ調の〈Turning Light〉‥‥2018年9月にChris Cohen(ex. Deerhoof)と共同プロデュースの「2ndアルバム」がリリースされる。

  • ◎ We Are Nots(Heavenly 2015)Nots
  • ノッツ(Nots)は米テネシー・メンフィスで結成された女性4人組のノイズ・パンク・バンド。「We Are Nots」というDevoを想わせるデビュー・アルバムのタイトルからして大胆不敵で頼もしい。Natalie Hoffmann(ヴォーカル、ギター)、 Charlotte Watson(ドラムス)、Alexandra Eastburn(シンセサイザー)、Meredith Lones(ベース)の4人が一丸となってノイズを撒き散らしながら爆走する2010年代のレディーズ暴走族。凄まじい爆音を放つ爆発力と破壊力で岩盤を瓦解させるライオット・ガルー。オリジナルUS盤(Goner 2014)はペール・ピンク色だったが、1年後に再発されたEU盤(Heavenly 2015)は色違いの黄色いアルバム・カヴァに変更された。アート・カレッジ(Memphis College of Art)出身のNatalie Hoffmannのデザインで、カヴァにはAlexandra Eastburnのコラージュが使われている。見開き紙ジャケ仕様(歌詞付き)。全11曲・27分。

                        *
    • 英レーベル・ヘヴンリー(Heavenly Recordings)のアルバムを集めてみました^^

    • 《Je Suis Une Ile》は〈アロー・モード〉の再録です(一部加筆・改稿)

    • すべてのアルバム(輸入CD)を自腹で購入しました
                        *


    Je Suis Une Ile

    Je Suis Une Ile

    • Artist: Halo Maud
    • Label: Heavenly
    • Date: 2018/05/25
    • Media: Audio CD
    • Songs: Wherever / Du Pouvoir/Power / Chanceuse / Surprise / Tu sais comme je suis / De retour / Baptism / Fred / Je Suis Une Ile / Proche Proche Proche / Dans La Nuit / Des Bras


    Le Kov

    Le Kov

    • Artist: Gwenno
    • Label: Heavenly
    • Date: 2018/03/02
    • Media: Audio CD
    • Songs: Hi A Skoellyas Liv A Dhagrow / Tir Ha Mor / Herdhya / Eus Keus? / Jynn-Amontya / Den Heb Taves / Daromres y'n Howl / Aremorika / Hunros / Koweth Ker


    Home Counties

    Home Counties

    • Artist: Saint Etienne
    • Label: Pias America
    • Date: 2017/06/02
    • Media: Audio CD(画像はアナログ盤)
    • Songs: The Reunion / Something New / Magpie Eyes / Whyteleafe / Dive / Church Pew Furniture Restorer / Take It All In/ Popmaster / Underneath The Apple Tree / Out Of My Mind / After Hebden / Breakneck Hill / Heather / Sports Report / Train Drivers In Eyeliner / ...


    Fading Lines

    Fading Lines

    • Artist: Amber Arcades
    • Label: Pias America
    • Date: 2016/06/03
    • Media: Audio CD
    • Songs: Come With Me / Constant's Dream / Fading Lines / I Will Follow / Perpetuum Mobile / Right Now / Apophenia / This Time / Turning Light / White Fuzz


    We Are Nots

    We Are Nots

    • Artist: Nots
    • Label: Imports
    • Date: 2015/11/27
    • Media: Audio CD
    • Songs: Insect Eyes / Decadence / Reactor / Strange Rage / Get Along / Black Mold / Static / Monochromatic / White Noise / Televangelist / Talk Show

    コメント(0)  トラックバック(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    トラックバック 0