So-net無料ブログ作成

ザビワカ・サッカー・サマー 3 [s o c c e r]



  • フランス 4 ── 3 アルゼンチン(6/30 カザン)
  • 前半11分、MFバネガのトラップしたボールを奪ったFWエムバペが高速ドリブルでDFマスチェラーノを振り切ってゴールへ爆走。PA内右でDFロホが倒してフランスにPKを与える。13分、FWグリーズマンがGKアルマーニの逆を突き、左足でゴール左に蹴り込んだ。41分、左サイドでMFパボンからパスを受けたMFバネガが中央へパスを送る。MFディマリアが左足を振り抜くと、ボールがゴール右に突き刺さった。アルゼンチンが同点に追い着いて折り返す。48分、バネガの左サイドからのFKをMFポグバがゴール前でクリアする。ボールを拾ったMFメッシの左足反転シュートをDFメルカドが左足でコースを変えてゴール右に流し込み、アルゼンチンが逆転。57分、DFエルナンデスのPA左からのクロスを走り込んだDFパバールがPA右前から右足でボレーを放つ。美しい左カーヴを描いたボールがゴール左へ吸い込まれる。64分、68分にFWエムパベが続けてゴールを奪い、2点を勝ち越すと、アルゼンチンの敗色が濃厚になった。48分、MFディマリアからパスを受けたメッシが中央右からクロスを送り、途中出場のFWアグエロがPA内左からのヘディングでゴール左に決めて一矢を報いた。

  • ウルグアイ 2 ── 1 ポルトガル(7/1 ソチ)
  • 前半7分、FWカヴァーニが右サイドから左へ大きくサイドチェンジすると、ボールを受けたFWスアレスがPA左前でカットインして右足でクロスを返す。PA内右へ走り込んだカヴァーニがヘディングでゴール右へ決めた。22分、スアレスの放った低い軌道のFKはGKパトリシオの左手にセーヴされる。32分、PA前で得たFWロナウドのFKも壁に阻止された。55分、ジョアン・マリオの左ショートCKを受けたDFゲレイロが左足でクロスを上げると、FWロナウドの背後にいたDFペペがヘディングでゴール左に叩き込んだ。62分、GKムスレラのロングパスから決勝点が生まれた。ペペのクリアを拾ったベンタンクールがPA手前までボールを持ち込み、右足で左へ横パスを出す。スアレスがスルーして、カヴァーニが右足インサイドでボレー・シュートを放つ。ボールは美しい左カーヴを描いて、ゴール右へ吸い込まれた。頭髪を刈り込み、顎髭を伸ばしたロナウドは不発に終わった。たとえポルトガルが勝利したとしても、93分のイエローカード(累積警告)で準々決勝にロナウドは出場出来なかった。

  • スペイン 1(3 PK 4)1 ロシア(7/1 モスクワ)
  • ボール・ポゼッションで圧倒的に上回るスペインが攻め、自陣で守備ブロックを築いて守るロシアの対戦は延長戦でも決着がつかず、本大会初のPK戦になった。前半10分、DFナチョがDFジルコフのタックルで倒されて、PA右でFKを得る。12分、MFアセンシオが左足でクロスを送ると、ゴール左でDFセルヒオ・ラモスと縺れたDFイグナシェビッチの右脹脛に当たってオウンゴールを献上。思わぬかたちでスペインに先制点が入る。41分、MFサメドフの右CKをFWジュバがヘッドで合わせると、前で競っていたピケの左腕に当たってPKとなる。41分、ジュバがゴール左隅に決めて、ロシアが同点に追い着く。後半はピッチ右半分で行なう「ミニ・サッカー」と化した。65分にロシアがジュバに替えてFWスモロフを入れ、67分にスペインもFWシルバに替えてMFイニエスタを投入。今大会から認められた延長戦の4人目の交代選手(MFエロヒンとFWロドリゴ)も、追加点を奪えない。PK戦は3人目のMFコケと5人目のFWイアゴ・アスパスがGKアキンフェエフにセーヴされて、優勝候補のスペインが決勝T1回戦で敗退する大番狂わせとなった。ロシアは48年振りのベスト8入り。

  • クロアチア 1(3 PK 2)1 デンマーク(7/2 ニジニーノブゴロド)
  • 1次リーグで共に1失点という堅守を誇る決勝T1回戦は序盤から波乱の展開になった。前半1分、右サイドからDFクヌドセンがPA内にロングスローを入れ、MFデラネイのトラップしたボールをDFヨルゲンセンが左足シュートすると、GKスバシッチの左手を弾いてゴール左端に転がった。4分、レビッチがPA右でボールをキープし、走り込んだDFブルサリコへパスを出す。ブルサリコのパスはDFダルスゴーアにクリアされるが、デラネイに当たってゴール前に零れ、FWマンジュキッチが右足でゴール左に反転シュートを放つ。乱打戦になるのかと思いきや、その後得点を奪えず、スペイン対ロシア戦に続いて延長〜PK戦に縺れてしまった(試合結果が分かっている録画ならば、延長戦まで早送りししたところ)。PK戦はGKスバシッチとシュマイケルの好セーヴで、4人ずつ蹴って2人失敗(延長戦26分に得たPKを失敗したモドリッチ3番目に蹴って名誉挽回)。5人目のヨルゲンセンがスバシッチの足に阻まれると、MFラキティッチが右足でゴール左に決めて、クロアチアが20年振りの8強進出。

  • ブラジル 2 ── 0 メキシコ(7/2 サマラ)
  • ブラジルは1次リーグ最終説セルビア戦で背中を痛めたDFマルセロが先発から外れ、DFフィリペ・ルイスが今大会初出場。メキシコはW杯5大会連続出場のDFラファエル・マルケスが初先発。メキシコの攻勢で始まったが、守勢に回ったブラジルが次第に本来のペースを取り戻す。51分、FWネイマールがPA前中央でMFウィリアンにヒールパス。ウィリアンがDFアジャラを躱してPA内左からグラウンダーのクロスを左足でゴール前に送ると、再びネイマールが左足スライディング・シュートでゴール左に決めた。88分には3分前にMFパウリーニョに替わって出場したMFフェルナンジーニョのスルーパスを受けてPA内左に駆け上がったネイマールがラストパス。GKオチョアの左足に当たるが、2分前にMFコウチーニョに替わって出場したFWロベルト・フィルミーノが右足トーキックでゴール右に押し込んで決定的な追加点を奪う。メキシコはアメリカ大会(1994)から7大会連続ベスト16で敗退。ブラジルは7大会連続でベスト8へと駒を進めた。

  • ベルギー 3 ── 2 日本(7/3 ロストフナドヌー)
  • 48分、FW乾からのパスを受けたMF柴崎がセンターサークル内から縦パスを送る。右サイドを駆け上がったFW原口がPA右で受け、右足でゴール左隅にシュートを放つ。52分、DFコンバニのクリア・ボールを拾った香川が乾にパスすると、PA手前から右足の無回転シュートをゴール右隅に決める。ベルギーは65分にMFフェライニとシャドリを同時投入。69分、クリアボールをDFベルトンゲンがPA左からヘディングすると、高く上がったボールがGK川島の頭上を越えてゴール右隅に入る。74分、FWアザールがFW大迫を躱して左サイド奥から左足でクロスを上げると、フェライニがヘディングでゴール右に叩きつける。日本も81分、MF山口と本田を投入。94分、本田の左CKをキャッチしたクルトワがMFデブライネにボールを送ると、ドリブルで駆け上がってDFムニエにパス。右サイドから右足でゴール前にクロスを入れると、FWルカクがスルーしてシャドリが左足でゴール左に流し込んだ。日本は後半アディショナルタイムにカウンターでベルギーに決勝点を奪われた。ショートCKから敵陣でボールを回して(ポーランド戦の終盤のように時間を費やして)、延長戦へ持ち込むべきだった。

  • スウェーデン 1 ── 0 スイス(7/3 サンクトペテルブルグ)
  • スウェーデンは累積警告でMFラーション、スイスはDFリヒトシュタイナーとシェアの2人が出場停止。高い位置のプレスからボールを奪ってカウンター攻撃を仕掛けるスウェーデンと足許でボールを繋いで高いポゼッションから攻めるスイスの対戦は単調で退屈な試合となった。66分、MFフォルスベリがPA前左のFWトイボネンとパス交換。MFジャカを躱したフォルスベリがPA前中央から右足でシュートを放つと、DFアカンジの右足に当ってコースが変わりゴール左隅に入る。スイスにとっては不運な失点だった。73分、FWエンボロとセフェロビッチを投入するも、スェーデンの堅守ブロックを崩せない。アディショナルタイム94分にはカウンターから独走したDFオルソンをPA内でDFラングが背後から倒して1発退場のレッドカード。主審はPKスポットを指差したが、VAR判定でPA手前からのFKに訂正された。スウェーデンは24年振りのベスト8。スイスは64年振りのベスト8を逃した。

  • コロンビア 1(PK 3 ─ 4)1 イングランド(7/4 モスクワ)
  • コロンビアはMFハメス・ロドリゲスが脹脛の負傷でベンチに入れず、イングランドは1次L第3節のベルギー戦で主力選手を温存していた。選手同士の小競り合いが絶えず、プレーが中断することも少なくない。53分、トリッピアーの右CKの際にPA内でFWハリー・ケインがMFカルロス・サンチェスに倒されてPKを得る。57分にケインがゴールの真ん中に蹴り込んでイングランドが均衡を破ると、ヒートアップしてファウルが増える。イングランドの勝利が濃厚となったアディショナルタイム93分、MFフアン・クアドラードがゴール前に上げたクロスをDFミナがヘディング・シュートをゴール左に叩きつけ、コロンビアが土壇場で同点に追い着く。延長戦前半はコロンビア、後半はイングランドが攻勢したが、共に追加点を奪えず今大会3度目のPK戦に突入。後攻のイングランドは3人目のMFヘンダーソンがGKオスピナに止められるも、先攻コロンビアの4人目MFウリベはクロスバーを叩き、5人目FWバッカのPKをGKピックフォードが左手で弾く。最後にMFダイアーが冷静に決めて、イングランドがPK戦で勝てない呪縛を解き放ち、荒れた試合(ファウル36、警告8)を制した。

                        *
                        *


    I'm All Ears

    I'm All Ears

    • Artist: Let’s Eat Grandma
    • Label: Transgressive
    • Date: 2018/06/29
    • Media: Audio CD
    • Songs: Whitewater / Hot Pink / It's Not Just Me / Falling Into Me / Snakes & Ladders / Missed Call (1) / I Will Be Waiting / The Cat's Pyjamas / Cool & Collected / Ava / Donnie Darko

    タグ:SOCCER world cup
    コメント(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。