So-net無料ブログ作成

スニーズ・ラブ 34 [s k n y s - l a b]



  • ♭ 不滅の男(2017-11-04)
  • エンケンこと遠藤賢司が亡くなった。邦楽アルバムを自ら購入することは稀なのだが、《東京ワッショイ》(Bellwood 1979)は今でもレコード棚にある。ライヴも何度か観たことがある。ストーンズの〈Satisfaction〉を反語的に日本語解釈した〈満足できるかな〉、三島由紀夫の割腹自決を題材にした〈カレーライス〉、飼いネコと愉しそうに戯れるウクレレの〈寝図美よこれが太平洋だ〉など‥‥ラジオから流れていた曲の数々も思い出深い。夢見るような微睡みフォークと激情パンク・ロックの振れ幅の大きさはNeil Youngにも匹敵する。〈夢よ叫べ〉と〈不滅の男〉、フォーク・バラードとポップ・ソング、陰と陽の対比は鮮やかだが、壱円玉の表と裏のように同じことを歌っている。純音楽家としてのエンケンは退屈な日常という「真ん中」に安住することなく、フォークとパンクの両極を往復し、壱円玉の外縁を全力疾走した。「いい時は最高 悪い時は最低」なのである。合掌。

  • ♭ ディアフーフの山(2017-11-11)
  • Deerhoofの14thアルバム《Mountain Moves》(Joyful Noise 2017)はJuana Molina、Jenn Wasner(Wye Oak)、Lætitia Sadier(Stereolab)、Matana Robertsなど多彩なゲストを迎え、The Staple Singersの〈Freedom Highway〉やBob Marleyの〈Small Axe〉などもカヴァしている。一見纏まりのない散漫な印象を持つかもしれないが、Juana Molinaが悲鳴を上げる〈Slow Motion Detonation〉、「ミュートで」というイタリア語タイトルの〈Con Sordino〉、聴衆に罵倒されたボブ・ディランが放った言葉をタイトルにした〈Come Down Here & Say That〉、松崎里美がスペイン語で歌うチリの女性フォルクローレ音楽家ヴィオレータ・パラ(Violeta Parra)の〈人生よありがとう〉(Gracias A La Vida)、アジア系女性ラッパーのAwkwafinaがラップする〈Your Dystopic Creation Doesn't Fear You〉、メンバーのJohn Dieterich(ギター)とデュエットする〈Ay That's Me〉、トランプ大統領を揶揄した〈Palace Of The Governors〉‥‥鹿蹄の揺るぎない立ち位置が鮮明に見えて来る。

  • ♭ エレガンスの女王(2017-11-18)
  • 「木原敏江 原画展」(銀座・SPAN ART GALLERY)に行って来た。「総特集 木原敏江〜エレガンスの女王」出版記念とのことで、ギャラリー前には祝い花が並び、画廊にはカラー原画(扉やカヴァ・イラスト)、生原稿、直筆サイン入り複製画8点が展示されている。カラー原画は「どうしたのデイジー?」「天まであがれ」「アンジェリク」「杖と翼」「摩利と新吾」「夢の碑・鵺、風恋記、淵となりぬ」など35点、生原稿は「封印雅歌」25枚(カラー1頁、2色24頁)と「夢占舟」8枚(白黒)。カラー原画の華やかな色合いは山岸凉子とは異なる趣きがある。『総特集 木原敏江』(河出書房新社 2017)やクリアファイル、大判カード、ポストカード、Tシャツ、手ぬぐい、風呂敷などのグッズも販売していた。ドジさまへメッセージを伝える3冊のノートには元少女(?)たちの熱い想いが綴られている。「没後20年展 三原順 復活祭」(米沢嘉博図書館 2015)と同じくらいの小スペースだったので、もう少し広い場所で、もっと多くの原画を鑑賞したい。

  • ♭ 希望荘(2017-11-25)
  • 『誰か Somebody』『名もなき毒』『ペテロの葬列』‥‥巻き込まれ体質の杉村三郎を主人公とするシリーズ4作目『希望荘』(小学館 2016)は長篇ではなく、表題作を含む4作品を収録した連作集。バスジャック事件後に巨大グループ企業〈今多コンツェルン〉を退職し、今多菜穂子とも離婚した杉村三郎は東京都北区尾上町で探偵業を営むことになった(肩書きは杉村探偵事務所と調査員)。近所のアパートから失踪した老女・三雲勝枝の消息を調べる「聖域」。相沢孝司からの依頼で、老人ホームで亡くなった父親・武藤寛ニの過去を調査する「希望荘」。山梨県桑田町に帰郷した杉村三郎と調査会社〈オフィス蛎殻〉の所長・蛎殻昴が愛人と駆け落ちした香川広樹(手打ち蕎麦と甲州名物「ほうとう」の店〈伊織〉の主人)の事件を解明する「砂男」。黒ずくめの少女・伊知明日菜に頼まれて、震災後に安否不明となった雑貨屋〈AKIMI〉の店主・昭見豊の行方を探る「二重身」。題名をMetallicaの〈Enter Sandman〉から採った「砂男」は私立探偵になる前のエピソードである。

                        *
    • 別館ミニ・ブログ「スニーズ・ラブ」シリーズの1カ月分(2017-11)です^^;

    • リンク画像が左に重なって見難いので、サイドバーを右側にレイアウトしました。「SKIN SWITCHER」でデフォルトに戻せるにゃん
                        *






    東京ワッショイ

    東京ワッショイ

    • アーティスト:遠藤 賢司
    • メーカー:キングレコード
    • 発売日: 2012/10/03
    • メディア:CD
    • 曲目:東京退屈男 / 東京ワッショイ / 天国への音楽 / 哀愁の東京タワー / 続東京ワッショイ / 不滅の男 / ほんとだよ / 輪廻 / UFO / とどかぬ想い // ミスター・タンブリン・マン / 終わりの来る前に


    Mountain Moves

    Mountain Moves

    • Artst: Deerhoof
    • Label: Joyful Noise Records
    • Date: 2017/09/08
    • Media: Audio CD
    • Songs: Slow Motion Detonation / Con Sordino / I Will Spite Survive / Come Down Here And Say That / Gracias A La Vida / Begin Countdown / Your Dystopic Creation Doesn't Fear You / Ay That's Me / Palace Of The Governors / Singalong Junk / Mountain Moves / Freedom Highwa...


    木原敏江 原画展

    木原敏江 原画展

    • 会場:SPAN ART GALLAREY
    • 会期:2017/11/03~14
    • メディア:コミック
    • 概要:『総特集 木原敏江~エレガンスの女王~』 出版記念原画展を開催します。漫画家生活48年間を総括する個展です。貴重な美麗原画の展示に加え、書籍・複製画・オリジナルグッズの販売も行います


    希望荘

    希望荘

    • 著者:宮部 みゆき
    • 出版社:小学館
    • 発売日:2016/06/20
    • メディア:単行本
    • 目次:聖域 / 希望荘/ 砂男 / 二重身

    コメント(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。