So-net無料ブログ作成

ネコ・ログ #7 [c a t a l o g]

  
5556 57
585960
616263

♯55│メイ│ノラ猫 ── お食事中でしたか?
I袋P' PARCO裏の駅前公園、沿線沿いの細長いミニ公園は何年か前に全面改装されて地下駐輪場が造られた。そもそも昔からあったのか、その際に新設されたのかは定かではないが、駅に近い方にある祠と共に「I袋水天宮」というミニ神社も建った。皮肉なことに、そこが公園に棲息するネコたちの絶好の溜り場になっている。彼らにも神聖な場所が分かるのか。神社の境内に屯するネコは神秘的な佇まい。恐らく毎朝夕、ネコたちの食事を世話する人がいるのだろう、石段の上の目立たない所や公園の植え込みの奥に水の入った白い容器が置かれている。それにしてはメイは痩せっぽちだ。普段は寄り付かないのに、この時に限って逃げなかったのは食事中だったから?‥‥ちょっとピンボケなのは悔やまれますが。

♯56│ミレー│ノラ猫 ── ちょっとハニカミ屋さんですか?
数年前、JRI橋駅近くで見かけた子猫。人間への警戒心と好奇心が相半ばして、内気な印象を残す。写真には映っていないけれど、被写体とカメラの間には民家の格子状の門がある。この距離と障害物が猫と人の関係を暗に象徴しているのかもしれない。夜間のフラッシュ撮影なので青い睛になってしまった。両前脚を揃えた斜め上目遣いの表情に微妙な心が宿る。今も生きていれば立派な成猫に生長しているだろう。勤め帰りの婦人が「いつも、この辺にいるのよね」と嬉しそうに喋っていた言葉が記憶に残る。老猫ラッキーとは至近距離の場所ですが、人間の祖父と孫くらい歳が離れているので、2匹の親密な交流はなかったみたい。

♯57│ミーナ│ノラ猫 ── 帰って来たミーナさん
純白の真綿のように柔らかくフカフカした触り心地。カッパー色の目が神秘的に光る。S公園の美猫ミーナが帰って来た!‥‥と言っても、写真の中での話です。人に触れるのを快く思っていないのに強く抵抗しない従順な性格。そんな彼女の美点が却って災いして、拉致・誘拐されてしまったのだろうか。優しい飼主の庇護の許で元気に暮らしていると良いのですが。今まで撮ったミケの中では1、2を争う美貌の持ち主でしょう。三毛猫のオスは染色体異常で個体数も少なく(1万匹に1体?)、長生きも出来ないらしい。日本から美しい三毛猫が少なくなったような気がすると、ネコ写真の第一人者、岩合光昭氏も嘆いていました。

♯58│サマ│飼い猫 ── ミステリが好きなのよ
K塚商店会の白灰ネコ。鼻先を擦り付けて来るので、本来なら白いマズルが薄らと汚れている。たまたま携帯していたミステリ本『怪盗グリフィン、絶体絶命』(講談社 2006)を地面に置くと気に入ったのか、その上に腹這いになった。撮影者もローアングルで臨む(決して怪しいの者ではありません)。接写し過ぎてピントが甘くなったけれど、ヌイグルミのような人工的な感じに撮れた。〈ネコ・ログ #4〉で紹介したキョンも、この商店の仲間である。往来で写真を撮っていると、無言で他のネコたちを店の外へ出してくれた御主人‥‥最近はシャッターが閉まった「休業」状態なのが寂しい。

♯59│ゲン│地域猫 ── 写真映りが良いネコですね
H幡神社商店会の地域猫。ゲンが住民に大切に飼われているかと言われると心許ない。猫好きと同じ割合でネコ嫌いの店主もいたりして、モーリーあざみ野の描く理想共和国「ネコ町ナーゴ」のような猫と人の共存社会の実現は難しい。「何も水を撒いて追い払うことはないんじゃないの!」と中年婦人は腹立ち混じりに小声で訴えるのだが‥‥。ゲンも過去に余程酷い目に遭ったのか、餌は欲しいのに人間を過剰に警戒。商店と商店の路地から顔を見せて物欲しげに鳴くものの、近寄ると奥へ退却する。夜間のフラッシュ撮影は殆どが失敗写真だ(シット!)。これは奇蹟的に可愛く撮れた1枚。誰もH商店会の臆病ネコだとは思わないだろう。過度に人間を怖れるネコも不憫だが、物陰に隠れてキャットフードを与え、見つからない間に早く食べちゃいなさいとネコを急かす人間も物悲しい。

♯60│ラム│飼い猫 ── 引っ掻かれちゃいました
ラムちゃんは気紛れなネコ。近寄ってスリスリするかと思うと、直ぐに興味を失って知らんぷり。一時も静止しないで周囲を徘徊するかと思えば、階段の上に横たわって独りで寛ぐ。毛繕いをしたり、微睡んだり、辺りを睥倪してみたり‥‥。塀の上やアパートの外階段など高い所が好きらしい。気を惹こうとして不用意に手を出したら引っ掻かれちゃいました。まさに写真に映っている姿勢。肉球を見せている右前脚で(爪を出さずにジャレ付く飼いネコもいるけれど)。つい先ほどまでは親しげに纏わり付いて来たのに、余りにも「君子猫変」の手痛い仕打ちじゃありませんか!‥‥好意を抱いているのか敵意を持っているのか、ラムさんの真意が推し量れません。「マタタビ・ダイエット法」に失敗して苛立っていたんですか‥‥えっ、人間の女と同じだって?

♯61│バン│飼い猫 ── 上半身だけ日焼けネコ?
M治通りと平行に走る住宅地の小道、赤茶色のレンガ模様の段差に保護色のようなネコが寝そべっている。お気に入りの場所らしく猛暑の夏に微睡んでいた。顔は黒焦茶、上半身は茶斑、下半身は白の混じった明るい茶色‥‥と、綺麗に茶系3色に分かれている。近づいて目線を合せると徐に伸びをして躰を伸ばし、纏わり付く。侍っている時は殆ど動かないので、被写体としては理想的。棲息場所も容易に特定出来る。クルマや自転車が目の前を通過しても驚かない。物事に動じない性格なのか、それとも老齢のせいなのか(ネコと女の歳は分かりませんね)。町内会の祭り神輿の気配、尋常ならぬ喧噪が聞こえて来るや否や、野蛮な行事には関わりたくないと言わんばかりに路地の奥へ避難してしまいました。

♯62│ピンキー│飼い猫 ── あたしは菜食主義猫よ
民家の連なる細い道、普段は通らないルートを歩いていて「小さな貴婦人」に出逢った。道端の雑草を一心不乱にムシャムシャ食べている。ピンク色の鈴の付いた首輪と口に銜えた緑の葉っぱのコントラストが色鮮やか。濃いベージュ色の毛並みに気品が溢れる。お食事中の彼女が撮影者に気づいて目が合った瞬間の1枚(もし美少女だったら赤面していたかもしれない)。葉っぱを銜えた顔は強張っていましたが、次第に柔和な表情へ変化して行く‥‥猫でも初体面だと緊張するんですね。また逢えないかなと淡い期待を抱いて週末の散歩コースに指定しているのですが、未だに再会が叶わない。たまたま外へ出て来ちゃった家猫(室内で飼われている座敷ネコ)でしょうか。

♯63│クロ│飼い猫 ── リッキ・ティッキ・ビッキー?
『夏への扉』のピートはジンジャー・エールが大好きな牡ネコ。主人公のダン・デイヴィスは「姪」のフレドリカ・ヴァージニア・ジェントリイのことを「親愛なるリッキイ・ティッキイ・テイヴィー」と呼ぶ。「Rikki-Tikki-Tavi」は「ジャングル・ブック」の中に出て来る勇敢なマングースの名前(Donovanに〈Riki Tiki Tavi〉というヒット曲がある)。作者ロバート・A・ハインラインの妻ヴァージニアは少女時代に父親からティッキーという愛称で呼ばれていた。後に彼女は夫ハインラインの飼い猫に同じくティッキーという名前を与える。《知り合いだった猫に似ていて、しみじみ見入ってしま》ったびっけさんを想って、クロをビッキーと呼ぶことにした。流線形のフォルムが美しく精悍そうに見えますが、全く愛想のない黒猫なんですよ。猛暑の今夏はグッタリと溶けていました。

                    *

各記事のトップを飾ってくれた猫ちゃん(9匹)のプロフィールを紹介する「ネコ・カタログ」の第7弾です。サムネイルをクリックすると掲載したネコ写真に、右下にあるナンバー表の数字をクリックすると該当紹介文にジャンプ、各ネコ・タイトルをクリックするとトップに戻ります。ノラ猫と飼い猫を差別しない方針で、これまでに60匹以上のネコたちを紹介しましたが、これからはミーナクロラムたちのように同じネコちゃんが再登場する機会も増えるかもしれません。岩合光昭さんの『ネコを撮る』(朝日新聞社 2007)を読んでいたら、最初は逃げられないように遠くから望遠で撮る、と書いてありました。用心深い猫は一定の距離以内に入ると必ず逃げ去る。Cyber-shot(光学3倍ズーム)の限界かもしれません。逆に近寄って撮れたネコたち(スリスリして来る!)の表情は概ね柔和ですが。

                    *

  • 『大好き! ネコ町ナーゴ』(NHK出版 2007)で「ネコ町ナーゴ・シリーズ」は完結なのか?

                    *



ネコを撮る (朝日新書 33)

ネコを撮る (朝日新書 33)

  • 著者:岩合 光昭
  • 出版社:朝日新聞社
  • 発売日:2007/03/30
  • メディア:新書
  • 目次:ネコにアプローチ / 撮影編 / 世界のネコ / 野生のネコ

タグ:cats catalog
コメント(32)  トラックバック(0) 

コメント 32

おきざりスゥ。

(cat's log 1へのコメントと被りますが)延べ63匹の猫達のうちsknysサンの命名は
アスカ タッキー ベベ ミーナ ハッチ チトラ イコ シン ハナ ソラン メグ サクラ アオ マロン コメット ブンコ シモン チョビ クリ アンジー ピア モエ レイン 
ローズ ノンノン メイ ミレー ゲン…かな?
>性別も文中で雌・雄に言及している猫以外は不明‥‥。
>撮影場所や猫の特徴から思いついた名前を適当に付けています。
とのことでしたがネーミングから推測される性別は♀多しの印象。
むかし確か篠有紀子の漫画の台詞に
「犬は殆んどオスに見えるし猫は皆メスに見える。何故だ?」
「あらプードルなんか全部メスに見えるわよ?」
というのがあったのを思い出しました。
                       命名猫達の実際の比率はドウなんでしょうね?
by おきざりスゥ。 (2007-10-26 10:05) 

sknys

スゥ。さま、コメントありがとう。
最初はネコの特徴や撮影場所を考えて命名していたのですが、
増える個体数に比例して面倒臭くなって来た^^

最近は直観的なイメージや記事に関連した名前(安直!)を付けています。
殆どのノラ猫、飼い猫も「仮名」が少なくないので、
「実名」のネコを挙げた方が早いかもしれません。

印象に残っている実名ネコは、ポーとイチゴ‥‥ユニークな名前で、
しかも雄・雌が連想出来る?
チトラのように実名が判っていても敢えて変えた場合もあります
(女飼主はミーちゃんと呼んでいましたが)。

カメラマンの岩合光昭さんは、人目見てネコの性別が判るそうです。
外見の華やかさをアピールするオスの方が写真に撮り易いという。
性別不明の場合は中性的なネーミングにしたり‥‥
ピンキーは牝ネコ(小娘?)だと思います^^;

気に入ったネコの名付け親になって下さい。
樹里亜とか闘莉王とか‥‥凝った名前は不可ですよ。
「I・W・ハーパーでは外国人にしか付けられない」(吉田健一)。
吉行理恵さんはチャコールグレーの飼い猫を「雲」、
黄色い猫を「バル」と名付けました。
by sknys (2007-10-26 23:41) 

hanasoubi

sknysさん、おはようございます。
野良猫ってことのほか魅力的ですね。ウチのマンションは動物飼育禁止なのに、ベランダには野良猫たちが入れ替わり、立ち代り、遊びにきていますが、ゆっくりお相手したことがなかったので、最近まじまじと見ています。
でも、ホント、美しい三毛猫は貴重ですねぇ。
母は一時期5匹のペルシャを飼っており、それはもう大変でした(爆笑)。
>>カッパー色の目が神秘的に光る
素敵な表現ですね。痺れます。
猫の名前で言えば、グレーのペルシャ猫、知り合いは「スモーキー」と名づけていました。以前はウチにもいて、彼の名は「ベル」ペルシャがにごったから(笑)。ほかには「ともえ」「しずか」「アラジン」などなど・・・

ところで、私も漫画大好きです♪スゥさん、盗み聞きしてスミマセン^^;
>篠有紀子~~アルトの声の少女でしたっけ、随分昔で忘れましたが(苦笑ですよね、云年前ですもの)。

先日はありがとうございました。
結構アクの強いキャラなので、みなさんにご迷惑をかけることのみ心配したりします。「平成の闇」お気に召したら是非、遊びにいらしてください。メンバーみんな落ち着きました。感謝です。(ながながと失礼しました。)
by hanasoubi (2007-10-28 09:21) 

sknys

hanasoubiさん、コメントありがとう。
ノラ猫や飼い猫など‥‥ワイルドな外猫を中心に撮っているので、
ペルシャやシャム猫に出逢うことは殆どありません。

純血種は室内で、お嬢さまや有閑マダムに可愛がられているイメージが強い。
外に出て来る機会がない座敷ネコは、その存在さえ分からない。
縞模様のない黒いアメショーを「スモーキー」と呼ぶようです。
スモーキー‥‥和名だと薄墨色の「スミ」ちゃんでしょうか?

少女マンガ好きのS。さまとは話が合うかもしれませんね。
2人とも愛知県人だし、「アクの強いキャラ」という点でも共通している。
「おきざりスゥ。のドクダミ雑記帳」だったかな^^

P.S. 哀しい知らせがあります。
*美粧院の看板猫ポー君が交通事故で亡くなったそうです。
暫く見かけなかったので、気にはなっていたのですが‥‥合掌。
http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_fc3/sknys/9555513.jpg
by sknys (2007-10-29 02:55) 

hanasoubi

sknysさん、おはようございます。
お返事承りました。じつは、水面下に深い事情があり(メンバーは連絡して解っているのです)苦渋の結果なんですが、やはりごもっともな意見だと思いました。ペルシャは外に出ていませんもの。
ありがとうございました。助けていただいた御礼のみ申し上げ失礼致します。スゥさんにもお伝えください。かしこ
by hanasoubi (2007-10-29 07:46) 

sknys

誘拐、病気、事故など‥‥外界は危険に満ちているので、
可愛いペットの放し飼いを躊躇うのは当然のことだと思います。
それにネコは室内で飼った方が長生きすると言いますから
‥‥ベル君の写真が見たいなぁ^^

人間だって一歩外へ出れば数々の脅威に晒されている。
女性や子供、老人たちが犠牲になる高度資本主義世界の軋み
‥‥クルマ社会はネコ族にとっても生き難い。
外猫はクルマに跳ねられるケースが少なくないらしいですね。
by sknys (2007-10-29 19:59) 

hanasoubi

sknysさん、再びお邪魔致します。
外猫ってたくましいのですね。見習いたいと思います^^
ありがとうございました、どうぞよろしくお願いいたします。
by hanasoubi (2007-10-29 21:35) 

sknys

ブロガーにも「家猫」と「外猫」があるのかな?
‥‥吉行理恵さんの「黄色い猫」に登場するバルは
画家バルテュスの名前から採ったそうです。

ところが「外国の富豪と結婚した日本女性」を紹介している週刊誌に
載っていた「金持ちの老人の写真」を見て、
《猫の名前をボナールにするのだった》と後悔します^^
by sknys (2007-10-30 21:08) 

hanasoubi

sknysさん、こんばんは。
nice!つけちゃいますよ!
by hanasoubi (2007-10-30 23:44) 

yubeshi

神社+公衆トイレ・・・買い物行った時の休憩&喫煙スペースとして密かに愛用しています(最近、行ってないけど)
行く時間が夜の事が多いので顔の判別は付いていないのですが、今度行ったらメイちゃん探してみましょう。
by yubeshi (2007-10-31 00:08) 

sknys

hanasoubiさんが色仕掛けで誘っても、いかなる手練手管を弄しても、
nice!が付けられない仕様になっています。
「心のnice!」だけ受け取っておきますね^^
by sknys (2007-10-31 23:13) 

sknys

yubeshiさん、コメントありがとう。
ブクロへは週1回くらい行っているかな?
タワレコ、WAVE、レコfan、Dユニオン‥‥界隈を徘徊しています^^

運が良ければ、公園でネコ写真を撮っているイケメンに逢えるかも?
メイより墨色のアンジー君の方が見つけ易いと思いますよ。
http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_fc3/sknys/6550876.jpg
by sknys (2007-10-31 23:32) 

hanasoubi

なんどもスミマセン。「美しいものは美しい」と云う簡単なことが、「面白いものが面白い」と云うことが、難しいのですね。色仕掛けですか、参りました。自分は色気が無いと思っているんです。(実際に無いと思うけどなぁ・・・文体が問題なのかなぁ・・)独り言まで書き込んでスミマセン。今後ともよろしくお願いします。
by hanasoubi (2007-10-31 23:37) 

sknys

ソネ風呂のnice!機能はコメントを無効化するワイルドカードだと思います。
書類に捺印する○判と同じく幾らでも量産出来るけれど、
殆ど意味がないし、逆に悪用される危険性も高い。

「色仕掛け」はhanasoubiさんの文章が官能的だという比喩(褒め言葉)で、
他意は全くありません(気を悪くされたらゴメンなさい)^^;
by sknys (2007-11-01 00:34) 

hanasoubi

お時間頂いて感謝です。キーワードは心にしまいます。
ところで、これではアラシです(苦笑)お願いいたします、テキトーに闇へ追いやってください。ご方針にそむくことは重々承知ですが、ご無理お願いします。心からの感謝をこめて。
by hanasoubi (2007-11-01 14:15) 

sknys

「nice!問題」は日本人特有の贈答文化とも繋がっていて、結構根が深い。
nice!欲しさに画策する人は妖怪ナイスに取り憑かれているのかもしれません。
ソネ風呂結界に中禅寺秋彦がいればなぁ^^
‥‥もし賛同出来るのなら、プロフ欄に「no nice!」を貼って下さい。
by sknys (2007-11-01 20:15) 

おきざりスゥ。

hanasoubiサン>
そーでした<アルトの声の少女>というタイトルでしたねぇ。
題名までは憶えてなかったんですよ~ありがとうございます。
たしか彼女の最初の単行本でしたっけ…
表紙の黄色の使い方が面白かったのを思い出しました。

sknysサン>
ま~たスゥ。が見てないと思って悪口いってるなァ!?
>「おきざりスゥ。のドクダミ雑記帳」だったかな^^
って何よ!?(苦笑)
まぁ蕺草は十薬という立派な煎じ薬になるし子供のころ火傷に揉んだ葉っぱ貼って貰って治したこともあるし悪印象は持ってないからイイけどね。
実はカタバミも強く根を張るようにグングン更新できるように付けたタイトルだったのにアノ体たらく…
         ほんと“ドクダミ雑記帳”にパワーアップして仕切りなおそうかしらん?
by おきざりスゥ。 (2007-11-02 01:14) 

sknys

カタバミ荘の管理人でしたね^^
愛知県には個性的な女性が多いのでしょうか?
かたばみ【酢漿草】‥‥3人が尻を出してすわっている様子をたとえていう。
(新潮国語辞典)

お仲間が、もう1人いらっしゃるのかしら?
「オキザリス」(Oxalis)って、花の名前だったのね
‥‥今まで「置き去りス(ゥ)」だと思っていました^^;
by sknys (2007-11-02 22:57) 

hanasoubi

こんばんは、いつもお世話になってます。
スゥさんのお名前の意味、はじめて知りました。実は私もおきざり・・・なのかと(笑)オキザリス、可憐な花ですよね。大好きです。名前に謎は入っていたほうが良いですもの。
りぼん、LALA、花と夢、漫画読んでいたのは随分昔ですが、今でも漫画の落書きをします。お二人とも是非また、遊びに来てくださいね。ウチのブログのみんなは待ってます。
skynsさんのブログは、この猫ネタぐらいしかカッコイイシャレが出て来なくてスミマセン(苦笑ですね)。気長にお付き合いください、お願いします。
niceカスタムなんたらでつまずきました。まあ、よく少なく現状維持にて満足することにしちゃいました。記事ありがとうございます。誰かは読んで把握すると思います。ちなみに私は名古屋市デス。よろしく♪
by hanasoubi (2007-11-03 18:50) 

sknys

カスタムペインで作り直す方法は難易度が高かった?
プロフ欄を非表示にして、代わりにブロクルの名刺を貼るとか、
CSSで<style>.nice{display:none}</style>と指定するとか
‥‥他にも「nice!を消す方法」は色々あります。
お暇な時にトライして下さい^^
by sknys (2007-11-04 00:06) 

おきざりスゥ。

HNは一杯あった誕生日花から棘系とゴージャス系を除けて選定。
ただOxalisとかオキザリスにしてしまうとoff lineで会うようなことがあったとき不都合(呼ぶ&呼ばれるのがコッパズカシイ)と考えて「スゥ。」って呼んで貰えるように
“おきざりスゥ。”という表記にしました。
お蔭で実際オフで声かけられても周りの人にギョッと振り向かれたことはありません。

>‥‥今まで「置き去りス(ゥ)」だと思っていました^^;
>実は私もおきざり・・・なのかと(笑)
でしょうとも!スゥ。も同意見ですもん(笑)あれだけ未更新ではねぇ…orz

“置き去り”とダブルミーニングになってしまった言霊の力でしょうか?
<酢漿草>の別名スイモノグサのも“物臭さ”が隠れていますしねぇ。
やっぱり<鐘薔薇>とか<鈴薔薇>くらい華麗なHNにしておけば
♪華やかに激しく生き♪気高く咲いて♪記事更新できたかしら?どちらかというと
♪叢に名も知れず咲いている花♪なもんで♪ただ風を受けながら戦いでい♪ますの...
by おきざりスゥ。 (2007-11-04 00:14) 

sknys

「オキザリス」だと新種のリスに間違えられたり‥‥しないか^^
「じきたりスゥ。」というHNでも良かったんですね。
「つるばら」とか?‥‥どうしても大島弓子ネタになっちゃいますね。
「rambling rose‥‥つるバラ」
『ランブルローズ』(Rumble Roses)は女子プロ・エロゲーでした^^;
by sknys (2007-11-04 00:46) 

hanasoubi

再びこんばんはデス。すみません、つい楽しくて♪
漫画ネタがきわどくコアですね(爆笑)これはついて行くのがやっとか?
次回ウチは渡辺綱2の予定です。スゥさん、sknysさん、是非遊びに来てやってくださいませ。では ・・(じきたりす、大好きな花です)
by hanasoubi (2007-11-04 20:26) 

sknys

「hanasoubi」は花薔薇(はなそうび)という意味だったのね^^
2人とも花の名前のHNだったのか!
お花さん同士、ソネ風呂オフ会名古屋場所で出逢ったりして?

スニーズ(sknys)に特別な意味はありません(「k」は発音しないでね)。
体型は「skinny kitty」ですが^^;
〈s k n y s - s y n k s〉は「sknys thinks」に掛けています。
by sknys (2007-11-04 22:36) 

hanasoubi

こんばんは、最近あたりをうろうろ徘徊しているはなそうびです(苦笑です)
sknysさんのお名前、お聞きしたいと思ったのですが、失礼かと思い、が半分。想像付かなかったのが半分でした。それでも難しすぎて謎が解けません。密かにジェニーファミリーの名なのかと思っていました。関係ないけど私も痩せです。
ありがとうございました。難しいけど、なんとかやってみます。
by hanasoubi (2007-11-04 22:52) 

sknys

mironさんのHNの由来が分かりますか?
スキン写真のエリー(ellie)ちゃんって、色黒少女なんですよ。
「スニーズ」(sknys)と「ジェニーズ」(jenny's)は似ていますね。
ネコ耳コスプレの男前キャラだったりして‥‥。
花薔薇さんも「スニーズ・クラブ」に入会しましょう^^
by sknys (2007-11-05 00:22) 

hanasoubi

こんばんは、はなそうびです。暖かいお言葉、涙がでます、感激です。
完全に振り出しに戻った感があり、途方に暮れています。
スニーズ・クラブはどうやったら入れるのでしょうか?
私、メカオンチだから、sknysさんにお友達申請が解らず、ずっと探していました。宜しければ連絡くださいませ、お願いします。
結界が薄れていますが放置しておきます。
色々心配して、すごく損した気になります(涙・涙・涙)←ジョークです。)
やはり、凡ての男は嫌いです。(←爆笑どころです、多分)
by hanasoubi (2007-11-05 21:17) 

sknys

コメントしてくれる常連メンバーは何人かいますが、
「スニーズ・クラブ」に入会‥‥はジョークです^^

サイド欄の黒ネコ(sknys)をクリックすると
ブロクルの「マイ・プロフィール」へ、
「MASSAGES FOR SKNYS」(メッセージを送る)から
「お友達申請」出来るようにカスタマイズしました。

「メッセージを送る」のバナー(画像)がダサかったので、
「読者になる(RSSに登録)」風に作り直したんですよ^^;
by sknys (2007-11-05 23:56) 

おきざりスゥ。

“「じきたりスゥ。」というHNでも良かった”かというと然に非ず。
“誕生日花から(略)選定”したものでジギタリスは無かったのよ。

>3人が尻を出してすわっている様子をたとえていう。
落語の登場人物の家紋に多い^^;
「おめぇんとこの紋は何だ?」「よくわかんねぇけどオケツが3ツくっついたヤツ」

>お仲間が、もう1人いらっしゃるのかしら?
女子に限定しなければmironサンも名古屋在住ですね。

さてソノ“mironさんのHNの由来”ですがミロンと聞いて思いつくのは望都サンの
<メッシュ>に出てくるミロン・ファレルしかいませんが…そうかな?
                     “みろんく菩薩”とゆー洒落…なワケはナイか(笑)
by おきざりスゥ。 (2007-11-06 10:42) 

sknys

「誕生日花」11/6──マンリョウ(寿ぎ)、ヒヨドリバナ(延期、遅れる)、
ふじばかま(躊躇)、ブバリア白(羨望)、アスファデリネ(つつましさ)
‥‥花の由来が良く分かりませんが、色々あるんですね^^;

【ジキタリス】学名:Digitalis purpurea 英名:Foxglove
 別名:きつねのてぶくろ(狐の手袋)

【オキザリス】学名:Oxalis 別名:はなかたばみ(花酢漿草)

「狐の手袋(Foxglove)」
「オキザリスさん、見て見て!‥‥可愛い手袋でしょ?」
「フン! 狐女に誑されおって。明日になれば紅葉に変わっておるわい」
「また、酸っぱいギャグ言っちゃって。本当は羨ましいくせに‥‥」
「酸っぱい葡萄は食べません!」

ブ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!‥‥「メッシュ」のミロンは大ハズレ。
もっとシンプルな由来ですよ^^
そうだ、mironさんに訊いてみよう(コメント欄でバラした過去がある)。
by sknys (2007-11-06 23:44) 

おきざりスゥ。

狐の手袋(Foxglove)と聞けば連想するのは新美南吉<てぶくろをかいに>
「母ちゃん、人間ってちっとも恐かないや。
坊、間違えてほんとうのお手々出しちゃったの。
でも帽子屋さん、掴まえやしなかったもの。ちゃんとこんないい暖い手袋くれたもの」
南吉の故郷は半田市。名古屋からも近く記念館もあります。
お土産の<ごんぎつねせんべい>は「違うだろっ!」って突っ込みを入れちゃいますが...見た目は可愛いんですが可愛いだけに^^;
強烈に騙くらかす落語の<七度狐>ならまだしも“何度読んでも泣いちゃうおはなしベスト10”に入るような<ごんぎつね>を模った煎餅なんて齧る気になりませんてば!

>もっとシンプルな由来ですよ^^
あ。わかった!ブログタイトルだ!!<“美”しい“論”理>=美論=miron
“ミロンのヴィーナス”とゆー洒落...ではなかったのね^^;
                            ところでブロクルメ見て下すったかしら?
by おきざりスゥ。 (2007-11-07 01:00) 

sknys

BINGOOOOOOOOOOOOO!
‥‥コメント欄で「美論さん」と書いたことがあります^^
読みました‥‥「愛のブロクルメ」
視ましたよ‥‥「幻想と異端」「眼の宇宙」
「有閑倶楽部」を泣く泣く見限って(ウソぴょん!)。
by sknys (2007-11-07 01:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0